プロテイン専門店のおすすめ。目的別で選ぶプロテイン・サプリプロテイン専門店のおすすめ。目的別で選ぶサプリメント

プロテインって効きそうだから…ととりあえずでプロテインを選んでいませんか?
プロテインといっても、メーカーも色々、種類も色々あります。
より効果的に使うには、目的に合ったものを摂取するほうが効率UP!!
日々さまざまなメーカーのプロテインを扱う専門店だからこそおすすめできる、目的別プロテインをご紹介します!!

ダイエット目的ダイエット目的

ダイエットサプリメントは、それがサポートできる特定の条件が揃えば本格的なダイエッターには大変役立つものです。 大抵のダイエットサプリメントは一般的に貯蔵脂肪の動員、遊離した脂肪酸の燃焼促進、脂肪沈着の防止、食欲の抑制、食品からの糖分や脂肪分の吸収を阻害するなどの機能を介してダイエットを補助します。 ダイエットサプリメントの提唱する効果を実現するための大切なポイントは、適切なダイエット(食事)とエクササイズプログラムを組み合わせて使用することと、そのダイエットサプリメントには効果が立証されている成分(構成物質とそれにもまして重要な用量)が含まれているかどうかを確かめることです。

ダイエットにおすすめのサプリメント

ダイエットにおすすめのプロテイン・サプリをもっと見る

ウエイトアップ目的ウエイトアップ目的

ただ体脂肪だけ増やしてもあまり意味がありません。
体を大きくする(=筋肉を増やす)には、摂取カロリーを通常より多めにすることが大事です。
体重が増えていく過程で筋肉も増えていきやすいからです。

たんぱく質と一緒に炭水化物を摂ることで、インスリンが分泌されます。
インスリンはたんぱく質が分解されてできたアミノ酸を筋肉細胞へと運んでくれる役割をします。

ウェイトゲイナーにはバランス良くたんぱく質と炭水化物が含まれているので、筋量を増やすためにはとても優れたサプリメントです。
ウェイトゲイナーの明確な定義は決まっていませんが、通常総量の半分程度以上を糖質が占めるプロテインパウダーのことを指します。
プロテインとウェイトゲイナーを同量程度混ぜて摂取すると適度な糖質の作用で格段にプロテインの吸収が良くなります。体重の増えにくい方、ハードなトレーニングをされる方におすすめです。

ウエイトアップにおすすめのプロテイン・サプリ

ウエイトアップにおすすめのプロテイン・サプリをもっと見る

美容・健康目的美容・健康目的

数ある美容・健康サプリの中でも特に優れていて最近も巷で話題になっているのがココナッツオイルです。

ココナッツオイルの脂肪酸は「中鎖脂肪酸」で、さらに50%以上はラウリン酸と呼ばれる脂肪酸からできている。これは母乳にも含まれる成分で、免疫力強化や抗菌作用、抗炎症作用などがあるといわれています。
中鎖脂肪酸は分子がちいさいため、肝臓に通じる門脈を経て直接肝臓に運ばれ、効率よく分解・燃焼されます。
そのため脂肪が吸収されにくく、しかも身体に付いている脂肪まで一緒に燃えやすくなると言われています。

美容・健康におすすめのプロテイン・サプリ

美容・健康におすすめのプロテイン・サプリをもっと見る

筋力アップ目的筋力アップ目的

筋力アップの基本はトレーニングの中身となります。それに加えて栄養と休養が重要となります。また、筋肉生成には時間がかかります。

その中で、栄養についての補助としてサプリメントが存在します。そのことを踏まえた上での提案となりますが、筋肉構築の土台となるたんぱく質をプロテインで、筋肉の異化防止のためにBCAA、グルタミンを、また、筋力増強のためにクレアチンを摂取されることをおすすめいたします。

また、トレーニングも中級者といえる段階にきたらNO系のサプリメントもいいでしょう。

NO系サプリメントとは……

一酸化窒素(Nitric Oxide)は窒素と酸素からなる無機化合物で、化学式であらわすと NO。酸化窒素とも呼ばれています。
生体内では一酸化窒素は、一酸化窒素合成酵素 (NOS) によってアルギニンと酸素から合成されます。
血管の内皮は一酸化窒素をシグナルとして周囲の平滑筋を弛緩させ、それにより動脈を拡張させて血流量を増やします。

NO系サプリメントはこれらの作用を利用し、血液を通してより多くの栄養素や酸素、筋肉をつくるためのホルモンを組織に送り届け、筋肉の成長を促進し、さらに筋肉の成長の妨げや疲労の原因となる代謝物の排泄も促すためのサプリメントです。

一酸化窒素の生物機能は1980年代において驚くべき発見として迎えられ、一酸化窒素は1992年の「サイエンス」誌で「今年の分子」として取り上げられました。

筋肉の成長を阻む「ミオスタチン」を抑制できれば……

筋肉の成長を妨げる最も強力なタンパク質「ミオスタチン」は、胎児が胎内で成長しすぎないようにするために存在し、また成人男性においてもこれが作用す ると、筋肉の分解(異化)が積極的に行われるという状況が作り出されてしまいます。
なかなか筋発達が得られない体質の人のことを「ハードゲイナー」といいますが、そうでない人に比べ明らかにミオスタチンの量が多いことがわかっています。
ミオスタチンによるカタボリックな反応はとても強く、生まれつきミオスタチンの遺伝子が欠乏している動物は「ダブルマッスル」と呼ばれる状態 になります。すなわち、通常よりもはるかに多い量の筋肉で覆われた体が作り出されますが、それは生まれつきであり薬物投与などが原因でないため、健康を損なうような 副作用が全くありません。
ミオスタチンを抑制する物質を最初に発見したのはスポーツメディスンを専門にするカーロン・コーカー博士でした。博士の研究チームは受精卵から安定的に その物質を抽出する方法を見出しました。その物質は「Myo-T12」と名付けられ、その働きはもともとあるミオスタチンのレベルを減らし、筋量を増やしやすい環境を作り出すことです。

タンパ大学で行われたミオスタチン抑制による、筋発達の効果測定実験は12週間継続され、被験者にはMyo-T12を1日1回摂取してもらい、ウェイトトレーニングを週2回行ってもらいました。その結果、被験者は平均して46%ものミオスタチンを抑制し、3.6Kgもの筋量を新たに得ることができたそうです。MHP マイオX(Myo-X)には受精卵から抽出された天然物質であるMyo-T12が、1回 分10g中6.6g含まれています。

筋力アップにおすすめのプロテイン・サプリ

筋力アップにおすすめのプロテイン・サプリをもっと見る